ウォーターサーバーを法人・オフィスに!

ウォーターサーバーの口コミ比較ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

法人・オフィスにウォーターサーバーを導入!メリットとは

オフィスでの普及率が増加し、
人気の高い天然水ウォーターサーバー。


こだわりの天然水が飲めるのはもちろん、ボタンひとつですぐに熱湯・冷水を利用する事が出来ます。

1ヶ月の電気料金を比較してみると、省エネ機能を搭載しているサーバーでは電気ポットより電気代が安くおさえられるのも人気の理由。

そこで、ウォーターサーバーを法人・オフィスに導入した際の利点を7つピックアップしました。

法人・オフィスウォーターサーバー人気ランキングページはこちら

法人がウォーターサーバーを導入する7つのメリット

ウォーターサーバーを導入する際のチェックポイント

  • 水の価格
    • ウォーターサーバー会社との契約を行った場合、大抵ひと月に決まったボトル数を定期的に配送する仕組みになっています。 コストにシビアな法人契約の場合は、ひと月でいくら固定費が発生するかは重要視したいところです。
      勘定科目としては、社内で利用する場合は福利厚生費、あるいは雑費で計上出来ます。お客様用の場合は販売費や交際費といった勘定科目となります。
  • 水の種類の多さ
    • 多く水を取り扱っている会社と契約していれば、採水地・味・成分の変更が好みに合わせて気軽に変更出来るのが便利です。 そのうえ宅配水には「天然水」と「RO水」の違いがあります。
      天然水とRO水について詳しくはこちら>>
  • 支払方法の多さ
    • クレジットカードはもちろん、多くの支払方法が選べるのも法人契約にとっては重要な選択肢になります。
  • サーバー本体のレンタル料金
  • サーバーのメンテナンス費用
    • サーバーの中には衛生面を保つため定期的にクリーニングを有料で行う必要があるタイプもあります。 一方「クリーンエアシステム」のサーバーなら、雑菌がサーバー内に入らないのでクリーニングの必要がありません。 思いもよらぬ出費が発生しないように、はじめからクリーニング費用の掛からない「クリーンエアシステム」内蔵のサーバーを選んでおいた方が良いですね。
      クリーンエアシステムについて詳しくはこちら>>
  • ボトル配送料金
    • 配送料無料が一般的ですが、北海道・沖縄や離島の場合別途費用が発生する場合もあります。
  • 水ボトルの配送システム
    • 便利な定期配送をお勧めします。水の消費量に合わせてお水の配送ページを柔軟に変更できます。一定期間に飲みきれなくても賞味期限内であれば備蓄水としてストックしておくこともできます。
      定期配送システムについて詳しくはこちら>>
  • 法人向けキャンペーンの有無
    • どこのウォーターサーバー会社と契約したとしても、新規契約プレゼントがもらえますが、一般家庭向けのプレゼントが多く「これもらってもどう分けるの?」みたいな品物もあります。 法人向けのキャンペーンをしている所の方が、プレゼントについても使いやすい商品を選んである場合が多い傾向があります。

PAGE TOP