詐欺?ウォーターサーバーの当選商法とは!

ウォーターサーバーの口コミ比較ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの当選商法!詐欺のような手口

当選商法(詐欺)の「特徴」から、おすすめのウォーターサーバー選びまで教えます!


店員:「良かったらくじ引き抽選をしませんか?」行きつけのショッピングセンターや銭湯の一角などで呼び止められ

お客:「まぁ無料で何か当たるなら・・・」 と言われるがまま、くじを引き

店員:「おめでとうございます!2等のウォーターサーバーが当たりました!」と、大げさにはやし立てられ

お客:おぉ!何か解らないけど、2等って凄いのかな??と、驚き

店員:「お水料金は「別途」かかりますが、毎月のウォーターサーバーのレンタル料が無料ですよ!」

お祭り気分につられ、舞い上がってお水の定期購入の契約。


これがウォーターサーバーの当選(詐欺)商法の「仕組み」です。

ウォーターサーバー当選商法

抽選箱の大半が当選…詐欺的な当選商法の主な「特徴」

  • くじ引きやガラポンで誘引(基本的にくじ引きは無料です)
  • サーバーのレンタル料が特別に無料と偽る(元々無料の会社が大半)
  • その場で契約しなくても貰えるキャンペーンも今だけと契約を急がせる
  • 解約金など消費者のデメリットとなる重要事項の説明が不十分

今でこそウォーターサーバーのレンタル無料のメーカーも多くなりましたが、まだ有料のメーカーもあります。またレンタル無料でも定期的にお水の購入がない(ノルマに達していない)場合、サーバー本体の維持料金が必要になるケースもあります。

まぁメーカーはサーバーの購入費用がかかってますから、水の利用がないとペナルティを課すのは当たり前ですね。


サーバーは便利なので、一部の悪質な詐欺業者によりウォーターサーバー自体が悪い物のように思われるのは少々複雑な気持ちですが、このような詐欺商法の特徴を踏まえウォーターサーバーをご検討方は次の「メーカー選びの条件」を参考に優良企業を選んでみて下さい。

管理者がおすすめするメーカーの「4つの条件」

街角やショッピングモールなどで行われている催事活動全てが詐欺のような当選商法をしている訳ではないでしょうが、やはり優良メーカーで選びたいものです。そこで「間違いないメーカーの4つの条件」をまとめました。

  • 抽選しなくてもサーバーのレンタル料や配送料が常に無料
  • お水代金以外の商品説明、お届けサイクルなど具体的な説明がある
  • 解約金やその他費用の重要な利用規約の説明がある
  • ホームページに当選商法への注意喚起が表記してある

欧米に比べ、まだ日本では浸透しきれていない家庭用ウォーターサーバー。

震災以降、日本でも衛生面や利便性などが評価されたため、ウォーターサーバーを導入する家庭が年々増えています。


特に平成25年9月に国民生活センターが催事会場での「ウォーターサーバーの当選商法」についての注意喚起を大きく報じたため以前より注目が高まっています。そのため今後さらなる競争の激化が予想される中で、こういった一部の詐欺・悪質なメーカーは淘汰されていくのではないかと思われます。


当選(詐欺)商法についてちゃんとしたメーカーは公式ホームページに見解を記述していますが、当選商法に関する情報を発信しないメーカーは代理店の管理が出来ていない可能性が高く要注意です。

PAGE TOP