ウォーターサーバー・宅配水のよくある質問

ウォーターサーバーの口コミ比較ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバー・宅配水に関する質問

ウォーターサーバー・宅配水について

ウォーターサーバーの導入について


ここではウォーターサーバーやお水、配送に関する事など、ご利用前に抑えておきたいポイントをよくある質問としてまとめております。

また既にウォーターサーバーをご利用されている方もご参考までにご覧ください。



ウォーターサーバーに関するよくある質問

ウォーターサーバーの電気代やレンタル料など、ウォーターサーバーに関するよくある質問をまとめてみました。


ウォーターサーバーの一般的な電気代はどのくらい?

2012年頃は月額1,000~1,300円と言われていましたが、近年は省エネ性能の高いウォーターサーバーも増え、現在は400~800円とも言われています。

コスモウォーターネイフィールウォーターアクアクララが400円程度で特に安いです。

ウォーターサーバーのレンタル料はいくら?

最近では無料のメーカーが増えてきましたが、レンタル料がかかるメーカーは月額500~1,500円が一般的です。また一定以上のお水のノルマをクリアする事で無料になるメーカーもあります。

ネイフィールウォーターコスモウォータープレミアムウォーターはレンタル無料サーバーあり。

ウォーターサーバーの設置サイズは?

ウォーターサーバーのサイズは約25~30cm四方が主流です。また壁ぎわに設置する場合は、サーバーの放熱スペースを確保するため最低でも5~10cmは離しましょう。

ウォーターサーバーのメンテナンスとは?

ウォーターサーバーのメンテナンスの有無は、メーカーにより異なります。

「メンテナンスが必要なメーカー」の場合、1年あるいは2年に1回のメンテナンスで3,000~5,000円の費用がかかります。

「メンテナンスが不要のメーカー」は、元々サーバー内部に取込む外気の中に含まれる雑菌が混入しにくい設計となっていますので、費用は発生しません。

しかし「メンテナンスについてメーカー任せではダメ」です。メンテナンスにも外部メンテナンスと内部メンテナンスがあり、上記はあくまで「内部メンテナンス」を中心に考えた場合です。

外部メンテナンスとは「利用される方が日頃するお手入れ」を意味し、お水やお湯の出る吐水部や背面の放熱板などに埃がたまらないようにお掃除する事です。特に吐水部のお掃除を怠ると、口コミなどでもたまに見かけますが「カビのような異物が出た」という事になります。


ウォーターサーバーの外部メンテナンス(お手入れ)は、どのメーカーでも必ず取説に記載があり、「メンテナンス不要と謳っているメーカーだから何もしなくても衛生的!」という訳ではありません。

ウォーターサーバーの音はうるさい?

ウォーターサーバーは冷蔵庫や冷凍庫同様、一定温度に保つための冷却機能が働いている為、ある程度音は出ます。これはしかたありませんが、ウォーターサーバーの種類により音量は若干違います。

ウォーターサーバーは水ボトルを上と下(足元)にセットするタイプがあり、下にセットするものは蛇口まで水を吸い上げないといけないので、お水を汲み上げる時は「モーター音」が発生します。

※上のタイプは落水式なので汲み上げ音は発生しません。

音は反射によって身体に伝わるため、お部屋の広さや防音具合により音の響き方が違いますので、一概に「汲み上げ式のウォーターサーバーは音がうるさい」とは言えませんが、狭いお部屋でしっかり防音対策をされているお部屋だと不快な音と感じるかもしれません。

ウォーターサーバーを利用せず水だけの購入はできる?

基本的には出来ません。

ウォーターサーバーに使用するお水ボトルは、ペットボトルと違ってサイズが大きいため使いづらいですし、ウォーターサーバーメーカーとしてはレンタル料や送料も売り上げに繋がるため、セットでの契約と結びたがります。

東日本大震災の時のようになりふり構っていられない非常事態の場合は、水のみの購入をしていたメーカーもありますが原則は出来ないメーカーがほとんどです。


お水に関するよくある質問

お水の成分や保管・配送など、お水に関するよくある質問をまとめてみました。


水ボトルの賞味期限や保管方法は?

お水の賞味期限は6ヶ月~1年のメーカーが多いです。一人暮らしなど消費量が少ない世帯だとお水が溜まりがちになりますが、賞味期限が長いので期限切れになる事は少ないと思います。ただ直射日光や湿度の高い場所での保管は控えましょう。

「ガロンボトルとワンウェイボトル」とは?

ウォーターサーバーのボトルにはワンウェイボトルとガロンボトルがあり、ガロンボトルは空いた水ボトルは回収に来るまで保管が必要です。ワンウェイタイプは消費後に処分できる軟質素材ですので、ガロンボトルに比べて嵩張る事はありません。

バナジウムを含む天然水とは?

日本では主に富士山付近で採水された天然水に含まれている事が多い、人気のミネラル成分です。インスリン効果によって血糖値を下げる効果があると期待されており、現在も詳しい研究が進んでいます。詳しくは「天然バナジウム」をご覧ください

シリカ天然水とは?

シリカ(=ケイ素)は健康維持や美容にも効果的と言われており、限定された地域でしか採取できない希少なミネラルです。詳しくは水溶性シリカ(ケイ素)をご覧ください

ボトルの容量やサイズは?

ウォーターサーバーに使用する水の容量は、7~12リットルが主流です。ボトルの幅は約20~25センチ、高さはお水の容量によって異なりますが、1つで約10~30センチです。

ボトルが段ボールで梱包されている場合ですが、3段以上積むと下の段ボールが潰れやすくなりますので、2段までにされるのがいいでしょう。

フレシャスのように7リットルパックのものは、1梱包に4パック入っているため、12リットルボトルの段ボールと同じくらいの高さになります。

硬水はダイエットにいいって本当?

硬水は軟水と違い、マグネシウムとカルシウムの含有量が多いため、胃腸への負担がかかりやすくなります。「硬水を飲むと便通が良くなった」という方もいますが、胃腸が弱っている時に硬度の高いものを摂取するとお腹を下しやすくなるので、「便通がよくなる」というより「お腹を下している」という方が正しい解釈かもしれません。

ただ便を排出する事で血液の流れや代謝が良くなるので、結果としてはダイエットの効果も期待できるかもしれません。

ウォーターサーバーに使用するお水は軟水?

現在日本国内のウォーターサーバーメーカーで硬水を取扱う会社はありません。天然水の場合、国内から採水したものを使用しますが、日本は欧米などに比べ国土が狭いため、天然水が地中に滞留する時間が非常に短いので、硬度の元となるミネラル成分が含まれにくくなります。そのため結果として軟水や中硬水となります。

また、自治体により若干硬度は異なりますが、日頃使用している水道水は「軟水」です。そのため日本では広く軟水が利用されており、天然水以外の水を扱うウォーターサーバー会社も「日本人は軟水が当たり前」と認識してますので、軟水を販売しているというわけです。

※詳しくは軟水と硬水の違いをご覧ください。


利用に関するよくある質問

ウォーターサーバーの利用に関するよくある質問をまとめてみました。


一人暮らしだけど、消費が解らない

ウォーターサーバーに使う水ボトルは、一般的に1本7~12リットルの容器が多く、最低で月24~28リットル相当のノルマが課せられるメーカーが大半です。このノルマだと毎日約800~930cc飲む計算になります。

「一人暮らしで飲料のみで利用」だとこのノルマがかもしれませんので、「ノルマがない」「1本単位で利用できる」あるいは「1ヶ月スキップしても無料」のメーカーを選ぶのが無難かもしれません。

※毎月のノルマがないメーカーではハワイウォーターアクアクララ有名です。

※1ヶ月スキップ無料のメーカーはネイフィールウォーターコスモウォータープレミアムウォーターなどがあります。

法人(オフィスなど)で利用する場合の勘定科目は?

お客様へのサービスとして計上する場合は「交際費」、福利厚生を目的とする場合は「福利厚生費」「雑費」などが一般です。

定期購入とは?

都度注文しなくても、決められた間隔で自動的に発注が行われるシステムです。

ウォーターサーバー会社のほとんどが「定期購入での契約が原則」です。良い面としては「発注忘れの防止」ですが、「忙しくて受取のタイミングが合わない」というデメリットもあります。

なかなか受取が出来ず、長期間お水の利用が出来なかった場合は、違約金が発生するケースもありますが、臨機応変なメーカーだと都度注文でも対応してくれますので、申込の前にご自身の事情を伝えてみましょう。

※詳しくは定期配送システムをご覧ください。

一時的に定期購入を止めるとどうなる?

ウォーターサーバーを一人暮らしで利用している方や、夏場ほど冷水を飲まない冬場だと、消費量が減りお水が溜まる事もあります。

ほとんどのメーカーは1ヶ月スキップの対応をしてくれますので、「今月は必要ない」という場合はメーカーにその旨を伝えましょう。ただメーカーによっては停止の手数料を請求される場合もありますので、申込前によく利用規約をみておきましょう。

※長期間ウォーターサーバーの利用がないとサーバー内部で雑菌が繁殖する可能性が高くなります。長期サーバーを稼働しない場合は、早めに解約した方がお腹にもお財布にも優しいでしょう。

北海道や離島でも配送は可能?

配送エリアは多くのメーカーでは離島や北海道を除く本州ですが、一部のメーカーでは配送しています。その場合、本州にお住まいの方以上の運賃が発生する場合もあります。

また、離島の場合は配送の便が限られるため、時間指定も出来ないケースもあります。

北海道、離島の方は申込前に「配送可能かどうか」と「別途運賃が必要か」を確認されておいた方が良いでしょう。

プレミアムウォーターコスモウォーターアクアクララは北海道への宅配をしています。中でもアクアクララは沖縄への配送もしています。

備蓄用のお水の目安とは??

災害などの非常に欠かせないお水と食料ですが、東京都の場合は施設内で待機する場合、その企業に対し「発災後3日間分」の備蓄を目安として推奨しています。その理由は発災から4日後以降で急激に生存率が下がるため、3日間をしのぐ事で生存率を上げる事に繋がるからです。

3日間をしのぐために必要な量ですが、水は1人当たり1日3リットル、合計9リットルを目安としています。もし10人いたら「90リットル」はストックが必要です。

詳しくは東京都防災ホームページをご覧ください。

ウォーターサーバーの当選商法って詐欺?

本人の意志とは違う形で強引な契約を結ばせる、悪質な詐欺です。

※詳しくは当選商法にご注意をご覧ください。


PAGE TOP