天然水とRO水の違い!ウォーターサーバー比較

ウォーターサーバーの口コミ比較ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

天然水とRO水の違いを正しく知る

天然水とRO水の違いを知って、自分に合った水選び

一口に「水」と言っても、様々な種類があります。
その中で飲用のミネラルウォーターについては、農林水産省制定の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」によると、

  • ナチュラルウォーター
  • ナチュラルミネラルウォーター
  • ミネラルウォーター
  • ボトルドウォーター

と、大きく4つに分けられます。

ウォーターサーバー会社が提供している「天然水」は「ナチュラルミネラルウォーター」、「RO水」は「ボトルドウォーター」に当たります。

それぞれに特徴があるので、成分・味・値段・ボトルなどの様々な観点から、自分のライフスタイルに合った水をチョイスするとよいでしょう。

【天然水】自然のままのミネラル成分が特徴

「天然水」は、特定水源より採水された地下水を原水として、ろ過、沈殿及び加熱殺菌以外の人工的な処理を行わないものをいいます。「ナチュラルミネラルウォーター」とも呼ばれます。自然から汲み上げたそのままの状態でボトルに詰められるので、採水地によって異なるミネラル成分や独自の風味を楽しむことができます

天然水


「ミネラル」とはヒトの体に欠かせない五大栄養素の一つで、足りていないと健康のバランスを崩すこともある大切な成分です。ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、亜鉛などがあります。採水地によっては、希少ミネラルである天然バナジウム有機ゲルマニウムなどが含まれる天然水があるので、成分を確認して、自分の体に取り入れたいミネラルを選びましょう。


水に含まれるミネラル成分の量に応じて軟水と硬水に分けられますが、人気が高いのは「軟水」。特にマグネシウム代謝の負担を避けたい赤ちゃんや妊婦さんには、硬度50以下のものがおすすめです。

妊婦さんと子供


値段は「RO水」と比べると割高ですが、市販されているペットボトルよりも断然お得。ウォーターサーバーのレンタル料、水の配送料が無料というところがほとんどなので、総合して考えるとウォーターサーバーの設置はとてもリーズナブルだといえます。

「天然水」「RO水」とも、空きボトルが回収・再利用される「リターナブルシステム」と、使い終わったボトルは小さくつぶして資源ごみとして捨てられる「ワンウェイシステム」があり、各社によって配送システムが違うので、生活環境に合ったシステムをチョイスするとよいでしょう。



【RO水】目に見えない不純物まで徹底的にろ過

「RO水」とは、食品衛生法の基準を満たした飲用に適する水を原水とし、「RO膜(逆浸透膜)」でろ過して不純物を除去した後、人工的にミネラル成分の調節を施した、「純水」に近い水です。「ボトルドウォーター」に分類されます。

ROフィルター


「1000万分の1mm」という極小浄化孔フィルター「RO膜」でろ過することにより、ダイオキシン、ヒ素、大腸菌O-157などの不純物まで徹底的に取り除かれており、高い安全性が評価されています。日本人の体に合う「軟水」に調整されているので、赤ちゃんの体への負担が少なく、ミルク・離乳食作りにピッタリです。「天然水」に比べ、12リットルボトル1本当たり600~700円ほど安価というのも特徴の一つです。

PAGE TOP