ウォーターサーバー選びの基準

ウォーターサーバーの口コミ比較ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの特徴で決める

ボトル形式で決める

 ウォーターサーバーには、大きく分けて2種類あります。ワンウェイ(使い捨て)ボトルとガロン(回収)ボトルのサーバーです。大きな違いは、「メンテナンスの有無」と「飲み終えたボトルの処理方法」です。

「メンテナンスについては、ワンウェイ方式」は自分で簡単なお手入れをするだけで、業者による定期的なメンテナンスは不要です。また「飲み終えたボトルの処理方法」は、使いまわしではなく資源ごみとして処分となります。常に新品なボトルが届けられるので衛生的です。

これに対し「ボトル方式」のウォーターサーバーは、1年に1回程度のメンテナンスが必要で、有料or無料で専門スタッフがメンテナンスに訪れるか、サーバーそのものを新しいものに交換するといった作業を行います。ボトルは、衝撃に強く変形しにくいポリカーボネート樹脂の「ガロンボトル」。使用後のボトルは、宅配業者やウォーターサーバー業者が回収にくるので、常に空きボトルのスペースを確保しておく必要があります。※詳しくはワンウェイボトルとガロンボトルをご参照ください。

衛生的な「クリーンエアシステム」で決める

殺菌力のないピュアな天然水に空気中の雑菌が入り込むと格好の繁殖場所となってしまいますが、ワンウェイ方式のウォーターサーバーには、「クリーンエアシステム(「無菌エアー導入システム」ともいう)」を内蔵しているものがあります。

ポリエチレンやPET樹脂などの柔らかい素材で作られた「ワンウェイボトル」は、水が出るたびに収縮し、ボトル内への外気進入を極限まで抑えますが、タンクやボトル内に微量に入る空気も、クリーンフィルターを通過するので、部屋の空気中に含まれる雑菌・カビ菌等が入り込むことはなく、クリーンな状態をキープすることができるというわけです。

同じ「ワンウェイ方式」でも「クリーンエアシステム」を搭載していないサーバーもありますので、よく確かめることが必要です。

また硬質な素材で作られたガロンボトルは、たくさんの外気を取り込むことによりボトル内の水を出す仕組みになっているので、衛生的に多少不安が残ります。

デザイン・便利な機能で決める

ウォーターサーバーの普及につれて、デザインやカラーバリエーションが豊富になりました。スタンダードな床置きタイプ、スタイリッシュな卓上タイプなどがあり、人気のメーカーだとカラーは4色以上はあります。特にデザインで人気があるのは、プレミアムウォーターフレシャスです。どの口コミサイトを見ても上位ですが、正直かなりおしゃれだと思います。

「ウォーターサーバーを置きたいけど置き場所がない!」という方は、小型の卓上タイプがオススメです。場所を取らないし、食事の時にお茶を淹れたりするのにも便利ですね。

デザインもさることながら機能も様々。ネイフィールウォータープレミアムウォーターの扱うサーバーの中には、サーバーの足元に片手でポンと入れられる便利なサーバーが「楽に水の入れ換えができる」と女性や年配の方に人気です。

PAGE TOP